写真展「見果てぬ海」長崎展 2021年6月18日-6月22日

6月に地元・長崎で「見果てぬ海」の個展を開催できることになりました。
会場は長崎市万屋町のコクラヤ3Fです。
 

–「見果てぬ海」は、私の出身地である西海市大瀬戸町の松島を中心に、海の向こうに見える五島列島をはじめ平戸島、生月島、外海地方、島原・天草など、この海を約4年かけて巡り撮影した作品です。長崎の方ならご存知のように、ここではリアス式の海岸が複雑に入り組み、日本の中で最も多い約600もの島々が沖に浮かんでいます。

大航海時代の南蛮船来航からキリシタン信仰へとつながる歴史がテーマとなってきた地域ではありますが、ここを一つの「海域」として捉え、船に乗り「海を渡る」視点を通して、この海に流れてきた時間をフィルムに写してきました。

また「見果てぬ海」は私自身の故郷写真や家族写真として、そして仏教の地域で育った自分が、同じ長崎の海に在るカトリックやかくれキリシタンの信仰に触れ、海を渡る体験を通して故郷を再発見する旅でもありました。そこで出会ったのは、知っているけれどまだ見たことのない風景と、はじめてだけど懐かしい人と土地でした。–


写真展「見果てぬ海」
期間: 2021年 6月18日(金) – 6月22日(火)
開廊: 10:30-18:30
※最終日17:00まで

会場: ギャラリーコクラヤ ( 長崎市万屋町1-26 3F) Googleマップ

展示内容は、昨年開催した個展「見果てぬ海」(東京/大阪ニコンプラザ)と、長崎のカトリック教会をテーマにした「Vernacular Churches」(Alt_Medium)を再構成した内容になる予定です。

会場では、昨秋に発売された写真集「見果てぬ海」もご覧いただけます。
期間中は在廊予定です。長崎の方々、ぜひご来場ください。

プロフィール
写真家 田川基成
1985年生まれ。西海市大瀬戸町松島出身。
2004年長崎南高等学校卒業。2010年に北海道大学農学部を卒業し上京、独学で写真を学び2014年に写真家として独立。移民と文化、土地と記憶などをテーマに作品を制作している。2020年秋、自身初となる写真集『見果てぬ海』(赤々舎)を上梓した。motonaritagawa.com

受賞
2018  第20回三木淳賞
個展
2021  「見果てぬ海」ニコンプラザ大阪
2020  「見果てぬ海」ニコンプラザ東京
2020   「Vernacular Churches」Alt_Medium (高田馬場、東京)
2018  「ジャシム一家」新宿/大阪ニコンサロン
2018  「ジャシム一家」札幌市教育文化会館 など

参考URL
「海」という視点でとらえた世界の縮図のような宗教世界 
写真家・田川基成
(アサヒカメラ AERA.dot)

迫害を逃れて海を渡った。長崎・五島、潜伏キリシタン移民の子孫が語り継ぐ差別、戦争、信仰の記憶 (ニッポン複雑紀行)

写真展「見果てぬ海」artscapeレビュー (飯沢耕太郎氏)


「見果てぬ海」東京/大阪展を終えて

少しご報告が遅くなりましたが、「見果てぬ海」の大阪展が1月末に無事に閉幕しました。昨年10月から続いた「Vernacular Churches」(Alt_Medium, 高田馬場)、「見果てぬ海」(ニコンプラザ東京)と合わせて3つの展示を経て、ひとまずの新作発表を終えることができました。

ご来場頂いた方々、本当にありがとうございました。コロナの影響でやはり少し減ったかなとは感じつつ、合わせて2500人くらいの方々に来て頂いたかと思います(大阪は緊急事態宣言と重なってしまいすこし少なかったですが)。

「ジャシム一家」に続き、写真家として二つ目の作品で、自分の故郷をテーマに撮ることができたのはとても幸せなことでした。会場では長崎出身の方々とたくさん知り合うことができ、展示を通しても故郷と再会しているような感覚でした。2018年の三木淳賞から展示までサポートして頂いたニコン社の方々も本当にありがとうございました。今後は、長崎の写真についてはライフワークとして撮り続けて行くつもりです。対馬など、まだ行っていない島や土地がたくさんあることですし。

それから、今年は夏以降に長崎と、札幌でも「見果てぬ海」の展示をしたいと思っています。詳細は決まりましたらまた発表します。そして、次の作品は北海道がテーマです。これから数年以上かけて僕の第二の故郷である札幌を拠点に、北海道に通おうと計画しています。

3つの展示の様子はホームページのギャラリーにアーカイブしてありますので、展示に来られなかった方もご覧ください。

https://www.motonaritagawa.com/Exhibitions

写真集『見果てぬ海』(赤々舎)も、こちらで引きつづき通販しています。写真展での売れ行きもまずまずで、手元の分は半分くらい出て行きましたが、それでもまだまだたくさんあります。ぜひチェックしてみてください。よろしくお願いします。

https://motonaritagawa.stores.jp/items/5f9169c79a06e503ef41ba4f

「海を渡る」視点

今回『見果てぬ海』の作品を構想したきっかけは、自分の故郷である長崎の海と歴史を知りたくなったことでした。あまり認知されていないのですが、長崎県には離島が約600もあって、日本の中では圧倒的に島が多い地域です。そこで繰り広げられてきた重層的な歴史と時間を作品にしようと思いました。

長崎県の歴史には、もちろんキリシタン史があり、また遣唐使や空海が中国に行ったのは五島列島経由でした。そこには平家の落武者も流れ着き、倭寇もいて、また長崎港はポルトガル人が「発見」し、イエズス会領として発展した街だったり。鯨を獲りに紀州から来て、住み着いた漁民もいます。江戸時代には唯一の国際貿易港となった長い時代もありました。

そんな「長崎」の写真は今までたくさん撮られている印象がありますが、ほとんどが「長崎市内」だけで、離島まで行っているものは実はとても少ないです。原爆や市内のことがほとんどだったりします。そして、五島など離島に行っても教会建築や礼拝の写真が中心で、長崎の海と地形の複雑さしっかり撮ったものはあまりませんでした。そしてまったく見たことがなかったのが、船に乗って「海を渡る」という視点でした。

人が海を渡ったことで、文化が混ざり合いました。地形が複雑だったので、平家の落武者もキリシタンも隠れて生き残ることができました。仏教など他の信仰もあり、海を背景に魚や鯨を獲って食べる生活が現代まで続いてきました。『見果てぬ海』ではそのすべてを包む作品を撮りたかったのでした。

五島の潜伏キリシタン

故郷の話を書きました。90歳、1930年生まれで潜伏キリシタンの末裔になる尾上さんに伺ったのは、五島の壮絶な歴史、漁師としての人生、先祖を思う気持ちでした。 ぜひぜひご覧ください。よろしくお願いします。

迫害を逃れて海を渡った。長崎・五島、潜伏キリシタン移民の子孫が語り継ぐ差別、戦争、信仰の記憶|田川基成|ニッポン複雑紀行

五島列島の真ん中にある奈留島にきています

”遠いところへ行った友達に潮騒の音がもう一度届くように”

ユーミンの歌に「瞳を閉じて」というのがあります。五島のある島の高校生がユーミンに手紙を出し、彼女に作曲してもらって校歌として歌われているという曲。島を出て離ればなれになった友達を思う歌詞に、子どもながら、同じ島なのになんて素敵な曲を歌う学校があるものだ、いつか行って見たいなあと思っていました。それがこの奈留島。

自分の故郷を旅する。ふるさとは多くの人にとって帰るもの。それを旅するという、相反することをしてみようと思ったのが4年くらい前。ちょうど南米から帰国し、30歳を過ぎたところで、自分の故郷をもっと知りたくなってきた時期。そしてそれができてしまうのが、長崎県という特異な地域でした。

長崎には日本で一番多い600ほどの離島があり、いま人が住んでいるだけで70幾つの島があるそうです。同じ県内なのに、端から端まで行こうとしたら2日くらいかかってしまいます。これまで実家の松島がある西海市を中心に、黒島、平戸島、生月島、小値賀島、中通島、島原、天草島、福江島、久賀島などいろんな島を巡ってきました。

知っているけれど見たことのない風景。懐かしいけど、はじての町。時代の先端を行く中央から離れ、交通の便のよくない離島に渡るほど、時間はゆっくりと流れるもの。島の雰囲気やそこで生活する人たちの姿に、まるでタイムマシンで自分の子ども時代に戻ったような懐かしい気持ちを覚えることが、今までに何度もありました。黒島で、日曜の朝に教会の鐘が響く中、耕運機に乗ってミサに通う老人たちをみた時は、懐かしさと新鮮さで言葉にならない感情がこみあげてきました。きょう泊まっている奈留の民宿でも、糊がバリバリに貼ってあるシーツと浴衣を触り、食べ残したご飯で作った糊でアイロンをかけていた祖母のことを思い出しました。

ちょうど一年後に新宿/大阪ニコンサロンで三木淳賞新作展が開催されるので、今年は3月から毎月一回長崎に写真を撮りに帰っています。そして来年の同時期に、はじめての写真集も出版できる運びになりました。そうすると、撮影できるのはひとまず来年の3月くらいまで。この3年半くらい続けてきた長崎の旅も、いよいよクライマックスという感じです。

瞳を閉じて https://www.youtube.com/watch?v=vt6Y9SL0Hm8

「凍結保存」された中世の信仰――かくれキリシタンの島を歩く

一昨年から関わっている「Yahoo!ニュース特集」で、取材した記事と写真が公開されました。

「凍結保存」された中世の信仰――かくれキリシタンの島を歩く

かくれキリシタンとはいったい誰なのか?
400年続いてきた信仰の今を、長崎の平戸・生月島で取材してきました。

「数世紀を経て進化した現在のカトリック教会を通して見ると、それは不思議に映るかもしれません。しかし、そのような中世の信仰形態を、禁教時代を経てまるで凍結保存するように今日まで伝えてきたのが、かくれキリシタンなのです」

6月に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産登録され、ますます、ひとり歩きしていると感じる「かくれキリシタン」という言葉。ほんとうはどんな信仰なのか、信者さんに話を聞きました。

僕の実家がある島からも、海の向こうに見える長崎の島々。
そこで、16世紀にポルトガルなど欧州から船できた宣教師によって伝えられた信仰が、現代までずっと保存されてきたことには、畏敬の念が湧きます。

長崎の旅

_DSF2736

今年から、長崎の半島や島々をめぐる旅をはじめた。
いつかやろうと思ってたけど、ついに。いままでさんざんいろんな国や場所をを旅してきて、まだ自分の故郷に雄大なフィールドが広がっていることの喜び。

先日は、うちの島から高速船、ローカル鉄道、また連絡船を乗りついでである島へ行ってきた。本土から離れている分、昔の雰囲気がまだ残っていた。島内で、耕運機を自家用車の代わりに使うじいちゃんたち。小学生の頃、学校帰りに乗せてもらったりした。懐かしい。これからまだまだ奥は深い。